校長室から

ホーム>校長室から>学校長挨拶

 ごあいさつ
 中広川小学校は、126名の新入生を迎え、全校児童696名、5つの特別支援学級を含めた20学級で令和3年度をスタートしました。
 「今、自分は何をすべきか。」その答えを常に自分で考え、考えたことを自分なりに精一杯やってみる。うまくいかないことや失敗することがたくさんあると思いますが、結果より挑戦しようとすることが大切であり、周りの友達もそのことをしっかりと認めてあげることがとても大切です。
 「まちがってもいいんだ」「失敗してもいいんだ」と思えることが安心感を生み出し、子ども達一人一人が安心して学べることが、子ども達一人一人の確かな学びをつくっていくと考えています。子ども達一人一人の活躍の場があり、自分の居場所がある。そのような中で子どもたちは自分の力を発揮し、認められることでさらに伸びていくと考えます。
 本年度も、子ども達一人一人が、安心して生き生きと楽しい学校生活を送れるよう、職員も一つになり、子ども達一人一人と向き合って全力で取り組んでいきたいと考えています。
                      
校長 中村 裕明